企業一株当たりの利益額で収益性を見る指標の一株当たり利益

一株当たりの利益はEPS(Earmings Per Chase)とも呼ばれていて、企業の株式一株あたりの収益額で事業活動の収益性を見るための財務指標です。当期純利益を発行済株式数で除したものをいいます。

ここでいう当期純利益というのは、法人税などの社会的な経費を支払った上での純粋な企業の事業活動の一般的な成果であり、企業会計の損益計算書の上においても、税引前当期純利益から事業税、住民税、法人税と税効果会計によって発生する法人税等調整額を差し引いた後の収益です。

一般的にこの利益は、会社の株式一株に対しての最終的な当期純利益がいくらあるのかを内外に示し、会社の事業活動においての収益力を見る際に活用されます。この数値が高ければ高いほど事業活動が順調に推移していることを示し、収益力が高いことを示しているのです。

いっぽうで株式分割などではこの数値が大きく変わることもあるので注意しなければなりません。株式分割とは、発行済み株を均等に分けて、資本金の額を変えることなく株数を増やすことです。一つの株を二つに分けた場合、そのの数は倍になりますが、一つの株の価値は半分になります。しかし、トータル株式の価値は分割前と変わらないというものです。

一株当たり利益による事業活動における評価は、株式交換におけるM&Aの交換比率決定などにも使用されるでしょう。近年では、国内企業でも経営においての目標や活動における基本方針などに本指標を使用して、活動の目標値設定をすることも多くなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ