法定福利費と厚生費の2つで構成される経費である福利厚生費

福利厚生費は、企業がその事業活動に従事してくれる従業員の労働意欲向上のために設置された勘定科目です。従業員の福祉の向上と充実を目的としていて、賃金以外の間接的給与としての経費という扱いとなっています。この費目は法定福利費と構成費の二つの費目から構成されていますが、税法上の明確な定義はありません。

法定福利費は法律で明確に示されていて、健康保険、厚生年金保険、介護保険からなる社会保険と、雇用保険、労災保険からなる労働保険の事業主負担分が該当します。

対するもう一つの厚生費は企業が任意で決めることができる費目で、従業員の意識の向上、あるいは生活の向上、そして労働環境の改善などに支出する経費のち、給与、交際費、あるいは資産の獲得費以外のものとされています。

具体例としては、健康診断、人間ドックなどの健康維持に関する費用、記念行事、慰安旅行、運動会、演芸会などのレクリエーション、他には慶弔見舞、財形貯蓄、食事補助、住宅補助などです。

以上のように福利厚生費は、法定福利費が明確に定められているのに対して、厚生費が給与や交際費、資産の獲得費との区分や程度といったものが、社会通念上、一般的におこなわれている事業活動と同程度と明確に定められているものではありません。

そのため、一人当たりにかかる金額が大きくなると、税務面において福利厚生費とは認められずに従業員の給料とされ、個人としての課税対象となる場合があるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ