負債が株主資本の何倍に当たるかを示す数値の負債資本倍率

負債資本倍率はDEレシオとも呼ばれており、事業活動においても企業財務の健全性を見る財務指標の一つです。企業の資金源泉の中で負債が株主資本の何倍にあたるかを示す倍率といい、返済義務が生じる有利子負債がどれだけ返済義務のない株主資本によってカバーされているのかを示しています。

一般的にこれが1を下回ると、財務が安定していることを示しているとされていますから、この数値を下げるためには、債務の削減かあるいは利益拡大による内部留保の積み上げが必要となってくるでしょう。

DEレシオは、「負債は株主資本でカバーするのが望ましいという」といった理念に基づいているので、主に企業の長期の支払能力を占めるときに使われます。特に上場企業の社債の格付けにおいてはとても重視される指標です。

有利子債務の多い企業にとっては、この財務指標を正すのは事業活動においての目標となっているのです。格付けは資金調達者である企業の債務返済能力あるいは債務履行の確実性を示したもので、通常第三者機関である格付け会社が企業に対して行っています。

負債資本倍率の算出は、一般的には有利子負債から株主資本を除したもので表わして、財務レバレッジともよばれる負債比率と同じ意味です。財務体質の改善をすすめる意味で、例えば1.5倍であったものを1.2倍にする目標を掲げたりする会社があれば、それはニュースになったり投資家間での重要な情報として共有されたりするのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ