現金収支と投資の現金収支を足したフリーキャッシュフロー

フリーキャッシュフローは、別名で純現金収支とも呼ばれており、事業活動において現金収支と企業投資活動による現金収支を合算したものを示します。

事業活動の稼ぎで得た営業キャッシュフローと企業の設備投資やM&Aに当てる投資キャッシュフローの合算であり、株式会社が事業活動においてどれだけ自由に使えるお金を持っているかを示す指標です。一般的にこの金額が増加すると、株主への配当金が増え、また自社株買いの動きが加速します。

設備投資や企業買収などの企業の成長戦略を推し進めることができるので、会社価値の上昇にもつながるのです。フリーキャッシュフローは、会社評価の有力な指標の一つとなっていて、純現金収支の現在の価値と遊休資産の時価評価額の合計から借入などの借金を控除した価額が株主にとっての明確な会社の価値となるでしょう。

一般的に買収などで会社の価値の算出をする際には過去にどのような実績があったのかはそれほど重要ではなく、将来性のほうが重視されることとなります。
ここ数年ではフリーキャッシュフロー経営という言葉が頻繁に出てきていて、これは企業価値を客観的に評価する際の指標となり、その評価の項目はFCFです。

企業の価値を高めるためにはこのFCFを意識した経営が必要となり、計算式は税引後営業利益、減価償却費、を合算したものから設備投資費、正味運転資本増加額を引いたものとなります。正味運転資本は売上債権と棚卸資産を合算した物から買入債務を引いたものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ