純利益に資産価値の増減を加えた総合的な利益指標の包括利益

包括利益は、企業会計の貸借対書評において、直接参入してきた為替換算調整勘定、土地再評価、有価証券の評価損益なども企業活動で発生した損益であるとして、損益計算書に反映させた最終的な利益のことです。すなわち、企業の最終的な稼ぎであることの純利益に、資産価値の増減を加えた総合的な利益の総称をいいます。

この考え方は、国内の企業会計基準にはない指標であり、国際会計基準において新しい実績報告書で示すものです。本指標のメリットとして、決算に対して改ざんの余地をなくすことで、企業実体の透明性が高まることが期待されています。

いっぽうで、短所としては会社本来の稼ぎが分かりにくい点や、事業業績が株価や、為替などの市場動向によって大きく影響を受けることがあげられるでしょう。
包括利益では、保有している株式相場が上がることで、それも利潤として計上してしまうのです。

ですから持ち合いといった形で投資家が少ない国内の会社の場合は、多額の株式を保有していることなどから、純利益に対して本費目の変動は、大きくなりやすいとの特徴があります。国際会計基準では、現在までに純利益を最終のものとする損益計算書の開示も認められています。

まだまだ見慣れない、聞き慣れない費目ですが、国際会計基準に合わせた形で国内でもその使用が決まりました。作表としては、本費目の計算書があります。従来の損益計算書と合わせて、連結損益計算書及び、連結の本費目の計算書というものとなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ