当期に前もって支払いを受けた場合に使用する前受収益

前受収益とは、決算期をまたいでサービスを提供する前の分までを支払ってもらう事を言います。具体的なものには、前受保証料、前受保険料、前受利息、前受家賃などがあります。

貸借対照表において、流動負債として計上され、前受収益では、決算日の次の日から1年を超えて利益になるものについては固定負債として、長期前収益で処理をします。契約上一定期間継続して労働やサービスの提供を行う場合に、まだ提供していない労働やサービスにたいして、今期に事前に支払を受けていた場合に使用する科目をいいます。

本勘定は経過勘定であるため、次期首に元の勘定科目に差戻仕訳を行わなければいけません。本勘定は、決算時において、まだ提供していない労働やサービスに対して、今期に事前に支払を受けた周期を来期に繰り越すために使用する経過勘定というものです。

今期の利益として計上はしましたが、その中に来期以降の利益が含まれていたため、費用収益に対応する原則から決算整理のための仕訳をして、今期の企業会計上の損益計算書から削除するとともに、今期の貸借対照表に計上する場合に用いられます。

経過勘定は継続して労働やサービスの提供を受けたり行ったりするため、時間の経過につれて収益または費用になるもののうち、現金の収支のタイミングと損益計算上の損益認識のタイミングがずれたものがある場合に、これを処理するための科目をいいます。

たとえば、すでにサービスの提供を受けたりしている物に対して代金の支払が果たされていなかった場合などに、当期損益を適正に認識するために、損益の見越し・繰延として貸借対照表に表示されるでしょう。経過勘定には、前払費用、前受収益、未払費用、未収収益があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ