代金の一部または全部を前もって支払った場合の前払金

前払金は、前渡金とも呼ばれており、あらゆるサービスや商品の実物を受け取る前に料金の一部を支払うものを指します。製品、外注加工品などの購入や、作成の依頼について、外注先や仕入れ先などに代金の一部前もって支払った場合に使用する勘定科目で、場合によっては全部の支払いというケースもこの科目を使います。

前払金は一般に支払った手付け金や、内金のことであり、購入や依頼した製品やサービスなどを受け取る前に代金の一部または全部を契約の証拠などとして支払った際の経理処理です。具体気な種類としては店舗や倉庫の家賃や保険料などがあげられます。
また、製品やサービスなどの受け取り後には、適切な勘定科目に振り替えをします。

ちなみに、手付け金と内金の違いは、手付け金が買い主または売り主のどちらかが契約を止めたければ正当な法律上の理由がなくても契約を解除できるのに対して、内金は買い主と売り主の双方の間で正当な法律上の理由がなければ契約解除をすることはできません。

前払金は、実際にはまだその受け渡しを受けていないのですが、すでに資産としての性格を持つために、企業会計の貸借対照表上において流動資産に計上されます。

なお、この前もって支払った金額等が、ある契約によってサービス・製品の提供を継続的に受ける場合に、その時点・その期では提供されていないサービス・製品に対して支払われた対価に該当するときは前払費用という勘定科目を使用します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ