提供されていない役務に前もって支払った場合の前払費用

前払費用はいまだに提供されていないサービスや労働に対して、今期に前もって支払った場合に使用する科目をいいます。本勘定科目は、決算時において、未だ提供されていないサービスなどに対して、今期に前もって支払った金額を来期に繰り越すために使用する経過勘定です。

これは、今期の金額として計上しますが、その中に来期以降の金額が含まれているため、費用収益対応の原則から決算整理仕訳をして、今期の損益計算書から削除するとともに、今期の貸借対照表に計上する場合に使用されます。

具体的な前払いのものには、家賃、リース料、保証料、保険料、利息などがあり、これらは貸借対照表上において流動資産として計上されるでしょう。また、本勘定で、決算日の次の日から一年を超えて金額になるものについては、固定資産として長期前払費用で処理をします。

本勘定科目は、経過勘定ですので、次の期首に元の科目に振戻仕訳を行う必要があるのです。経過勘定は継続して労働やサービスの提供を受けたり行ったりするため、時間の経過につれて収益または費用になるもののうち、現金の収支のタイミングと損益計算上の損益認識のタイミングがずれたものがある場合にこれを処理するための勘定科目です。

たとえば、すでにサービスの提供を受けたり、逆に行ったりしている物に対して代金の支払は受取りが成されていなかった場合などに、当期損益を適正に認識するために、損益の見越し・繰延として貸借対照表に表示されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ