仕入先などに代金の一部または全部を前もって支払った前渡金

前渡金は、製品・原材料サービス・外注加工品などの買い物や依頼について、外注先や仕入れ先などに代金の一部あるいは全部を前もって支払った場合に使う勘定科目で、前払金とも呼ばれています。

前渡金は一般に支払った、手付け金や内金のことであり、購入や依頼した製品やサービスなどを受け取る前に代金の一部または全部を契約の証拠などとして支払った際の経理処理です。実際に引渡しやサ-ビスの提供があった時が売上げや仕入れの時期となります。

難しいのはここにかかる税金です、実際に引き渡しなどがおこった時期となるので、所得税や法人税などは損金に算入される事が認められている短期の費用は課税仕入れに含めることになります。家を購入すると、完成前に前渡し金を支払い、完成をもって残りを支払いますので、期をまたいでの工期のある工事などは検討が必要となるでしょう。

ただ、公共事業などでは支払い側も受託業者側も双方メリットがあるといわれている仕組みです。受託側には着工資金の調達やさらに下請け企業への支払いに困る状況も生まれません。前渡金は、実際にはまだその受け渡しを受けていないのですが、すでに資産としての性格を持つために、企業会計の貸借対照表上において流動資産に計上されます。

なお、この前もって支払った金額等が、一定の契約に従って継続して労働やサービスの提供を受ける場合に、いまだに提供されていない労働やサービスに対して支払われた対価に該当するときは前払費用という勘定科目を使用するのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ