通常の営業以外の取引で発生した未収分を計上する未収入金

未収入金は、事業活動の営業利益から発生する債権である売掛金以外で、本来の営業取引以外の非継続的な取引から発生する債権を対象とする勘定科目のことで未収金とも呼ばれています。具体例としては、器具や備品等の売却、機械装置や車両運搬具等の売却、有価証券の売却のときの債権が該当します。

これらは、貸借対照表において、決算日の次の日から1年以内に回収の予定であるものは流動資産の部に本費目として、いっぽうで1年を超えるものについては固定資産の部に長期未収入金として計上されるのです。
未収入金と似たような勘定科目に未収収益という勘定科目があります。

労働やサービスの提供を継続的に行う場合、すでに提供したサービス等に対して、支払いを受けていない対価を計上するための経過勘定の事です。本来の事業活動での営業取引の債権を扱う売掛金や、本来の事業活動の取引以外の非継続的な取引を行う本費目と区別されるので注意しなければなりません。

経過勘定はすでにサービスの提供を受けたり、逆に行ったりしている物に対して代金の支払や受取りが成されていなかった場合などに、当期損益を適正に認識するために、損益の見越し・繰延として貸借対照表に表示するのです。

キャッシュ・フローの側面を考えると、特に中小企業で資金繰りに苦労する会社などは未収入金を抱えすぎると倒産の危機にひんしたりもします。キャッシュ・コンバージョン・サイクルと呼ばれる仕入れから販売し回収する流れをスムーズにすることと、こういった未収入金の早い回収で資金繰りを工夫する必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ