他に比べて返済優先順位が低く相対的なリスクの高いメザニンファイナンス

メザニンファイナンスは、企業の資金調達方法の一つで、ローンや普通社債などによるデットファイナンスと株式などによるエクイティファイナンスの間に位置付けされる財務会計の方法です。その種類には劣後ローンとハイブリッド証券があります。

このハイブリッド証券には優先株、優先出資証券、永久債、劣後債などがあり、これまでより銀行などの金融機関が取り組んできたシニアファイナンスより投資のリスクが高い財務会計です。

一般的に企業にとって、デット財務会計と、エクイティ財務会計の両方の特色を活かした多彩な資金調達が可能となりますが、一方で、投資家にとっては、比較的信用力が高い会社への投資においても通常の社債取引よりも高い報酬が見込まれるという長所があります。

リスクの度合いから見た場合は、社債取引が比較的ローリスク・ローリターンであり、株式投資がハイリスク・ハイリターンであるのに対してメザニンはその中間ということから、ミドルリスク・ミドルリターンということになるでしょう。

メザニンファイナンスはアメリカなど幅広い投資家層を抱えるマーケットにおいて、多様な資金供給手段の一つとしてとても大切な役割を果たしているといえます。これを専門とする投資銀行やメザニン投資を専門とするファンドが数多く存在しているのです。メリットとしては既存の株主の総会議決権希薄化を回避、経済的利益による通常株主の希薄化を回避するなどがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ