株式投資家より払い込みを受けて新株を発行する有償増資

有償増資は、株式会社が事業活動を継続していく上で必要な資金調達をするために、投資家より払い込みを受けて新株を発行することです。特定の対象者に対して割り当てる方法と、不特定多数の対象者に対して割り当てる方法があります。

前者は既存の株主に対して新株引受権を提供する株主割当や、特定の株主以外の取引先や金融機関、従業員などに付与する第三者割当で、後者の不特定多数というのは一般の投資家に対して引受けの勧誘を行う公募です。

2001年に商法が改正され、額面制度の廃止で全て無額面のものとなったため、現在では額面発行、時価発行、中間発行という分類はありません。
有償増資の他に、株式分割など金銭の支払の伴わない無償増資があります。一般的には増資は、資金調達を目標とした金銭の支払を伴う有償を指すことが多いでしょう。

不特定多数の増資は資金調達の金額がどのくらいになるのか予測がつきにくく、企業の評判や企業価値などあらゆる面から予測をしておかなくてはいけません。
無償増資は、株式会社において新株払込金、単に払込金と呼ぶことが多いですが、この払込金を計上せずに他の資産と振り替えて株主に新株を割り当てることを指します。

これは利益準備金や資本準備金を資本金に組み入れて新株式を発行するもので、投資家からの資金の払い込みはありません。これは会社の資本構成の是正や株主への利益還元を増やす事を目的としていて、具体的には株式分割によって行われます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ