企業財務の健全性を見る指標の一つであるレバレッジ比率

レバレッジ比率は、企業会計上の財務の健全性を見るための財務指標の一つです。会社の規模を示す自己資本に対する他人資本が、どれだけ存在しているか割合を数値で表わします。

この数字は返済義務が発生する有利子負債の中の他人資本が、どれほどまで返済義務のない自己資本でまかなえるかを表わし、一般的にこれが1倍を下回ってくると財務状態が安定しているとされ、この数値が小さくなればなるほど借金が少ない会社ということになるのです。

レバレッジ比率は、企業会計上の貸借対照表の貸方の側の資金のどうなっているかを示す指標であり、この比率を下げるために有利子負債をいかに減らすか、また、利益を上昇させることで内部留保を増やすことが必要となるでしょう。

また、本指標はレバレッジをどのくらい効果的にできるかを計る指標としての役割があることから、負債割合あるいはギヤリング比率と呼ばれています。

自己資金比率とこのレバレッジ比率の違いは、どちらも企業財務の健全性を判断するための指標で自己資本の割合が自己資金と総資産を比較しているのに対して、本指標は負債の金額から、より直接的に自己資金の金額と比較している点が特徴です。

本指標は100%以下あるいは1倍以下であることが求められ、かといって低ければ低いほどいいというわけではありません。低すぎると今度はレバレッジが機能しなくなるため、株主が投資を控えるなどの投資効率が悪くなってしまうのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ