企業がグループ全体で得た最終的な損益の連結最終損益

連結最終損益は、会社がグループ全体で得た最終的な損のことをいいます。これはグループの連結損益計算書においては、当期純利益あるいは当期純損失の項目に記載される金額です。一般的には連結決算の対象となるのは本体である親企業の他、資本や経営が実質的に支配下にある子会社と、そして影響が及ぶ関連企業などとなります。

また、出資比率が20%から50%の関連企業の企業成績は、出資比率に応じた額を持分法投資損益として営業外損益に計上することになるでしょう。

一般的に連結最終損益は、グループ内の親会社の他、子会社や関連企業を含むグループ全体の1年間の最終的な営業成績ですから、企業決算の発表時に一番注目される金額でもあるのです。

持分法投資というのは、持分法適用会社から上がってくることを指し、この適用会社というのは持分法が適用される非連結子会社や関連会社のことを指します。

持分法投資損益は、適用会社への投資が親会社の収益にどのくらい貢献しているかを判断する一つの物差しとして重用されています。適用会社が黒字であれば、持分法投資利益となり、赤字の場合は持分法投資損失となり連結決算に計上されるのです。

ここ数年では、経常利益が黒字でもリストラ費用や株式評価損などで特別損に計上し、最終損益が赤字になるグループが増えています。連結最終損益は株主への配当や、グループが成長していくために積み立てる内部留保の原資にもなるため、株主にとっても注目すべき指標となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ