一年以内に回収や支払いができるかのワン・イヤー・ルール

ワン・イヤー・ルールは一年基準ともいわれています。企業会計上の貸借対照表において、企業の決算日の次の日から数えて、一年以内に費用の回収や支払ができるかどうかによって分類する企業会計上のルールのことです。

具体例をあげると、一年以内あるいは一年超で、資産や負債を流動あるいは固定のいずれかに分けることになるでしょう。実際には資産や負債の区分によって、最初に正常営業サイクル内にあるかどうかで区別する正常営業循環基準を適用し、その後にもう一つの分類基準であるワン・イヤー・ルールを適用するという順番になります。

正常営業循環基準というのは貸借対照表において、正常な営業サイクルになっているかどうかで資金や負債を流動あるいは固定のいずれかに分ける、会計上のルールを指します。具体例をあげると、現金から仕入れ、商品、販売、売上、現金といった企業の通常の営業活動で発生する資金を流動資産と判断するものです。

もっと具体的にいうと、ワン・イヤー・ルールは企業の事業活動に直接的に関係しない貸付金や借入金などの資金、負債を流動、固定の各項目に分けるための基準となり、決算日の次の日から数えて、1年以内に期限がくる資産、負債をそれぞれ流動資産、修道負債を呼んで、1年を超えるものを固定資産、固定負債とします。

もちろん例外もあり、棚卸資産は1年を超えても流動資金であり、もともと固定資金であったものは1年以内であっても流動資金とはしません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:会計

このページの先頭へ