運用がベンチマークを上回る評価のアウトパフォーマンス

アウトパフォーマンスは、金融業界では投資成果を示す言葉として使用され成績がベンチマークを上回ることをいいます。

アウトパフォームとも呼ばれており、一般的に投資成果を考える場合、ある期間に何%上昇したかあるいは上昇しそうかなど一定期間に投資対象がどのくらいの利益を投資家にもたらしたか、あるいはもたらしそうかという絶対的な評価と、平均的な利益を何%上回ったのかあるいは上回りそうかという相対的な2つの評価があります。

アウトパフォーマンスは後者の相対的な評価の際に用います。具体的にはあるファンドの個別銘柄などの平均的な利益が日経平均株価やTOPIXなどの指標を上回るあるいは上回りそうなことを指すのです。これと反対の言葉として、アンダーパフォーマンスがあり、これは運用成績がベンチマークを下回ることをいいます。

投資家が特定の銘柄に投資するかの判断をする際に、程度を確認することがありますが、これは相対的な銘柄を評価することができるからです。これは特定の銘柄が平均よりもどのくらい上回る収益をはじき出してくれるのかという情報を提供してくれます。

これにある一定期間で価格がどのくらい上昇したのかといことも絶対的な評価を考慮して、投資の算段を考えていくわけです。

つまり、価格が下がったとしてもこの状態になる場合があるのです。具体例を挙げると、特定の銘柄が10%程度価格を下げた場合、日経平均やTOPIXがそれよりもさらに大きく値を下げたときはアウトパフォーマンスという判断をくだすことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ