利益計算時には期限前償還リスクを把握しておく

投資家においては金利が低下していく状態で、高いクーポンを償還していくので、再投資に関するリスクを生じることがあります。そして価格が額面以上になっているとオーバーパーと呼ばれ、額面を超過している部分は全て償還損となってしまうのです。

期限前にその危険性を伴っているため、従来の債券と異なった金利動向になっている価格に対して関心が異なってきてしまいます。
そんな資産運用の危険性の一つに期限前償還リスクというものがあります。

これは原資産が期限前償還となることによって、事前に考えられていた収益と実際に発生した収益の差のリスクについて表しています。公社債や証券化された商品など発行体が満期前で償還に関して権利を行使していくことで、投資家へ決済として考えられていた期間よりも早く投資を行った資金が戻ってくるものを指しています。

事例として債券で見ていくと、金利が低下している状況では、再投資をする際の利回りが償還された債券での利回り以下となってしまうため、運用パフォーマンスについて見ていくと悪化しており、時には大きな損失を被ってしまうことがあるのです。

またモーゲージ証券で見ていくと、長期金利で低下している状況では、原債務者が抱えている住宅ローンの借り換えについて金額が増えていきますので、モーゲージ証券の期限前のそれについても金額が多くなっていきます。信用の危険性なども加味して、期限前償還リスクを理解することが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ