金融商品によって期待収益率は異なることを知る

投資による資産運用では、常に危険がつきまといます。利益の変動幅はリスクと言われており、この変動幅が大きいほど変動幅が大きいことを指しているのです。一般的に株式など価格変動が銘柄によって大きくなる金融商品では、元本を割ってしまうことがあります。しかしリターンは非常に大きくなることも期待できるのです。

投資を開始する時には、これらの内容について理解をしておきましょう。
投資評価を行う際には、期待収益率やリスクの度合いを考慮していくことになります。期待収益率というのは、ある資産を将来運用していくことで獲得できる利率の平均です。

株価や債権について説明を行う時に、市場または投資家が該当する銘柄でどの程度利益に期待しているか計算していくことができます。一般的に利率が同等の状態となると、不確実性といわれる度合いが低くなっている案件になるほど好ましい状態になっているのです。

その反面リスクが高くなっている程、期待収益率は高くなっていることになります。
期待するリターンは投資対象の商品が異なっています。例えば銀行で取り扱っている定期預金または国債といった債券では、リスクが低めに設定されており利率も低いです。

その一方で株式投資といった金融商品では利益を多く見込むことが可能ですが、危険性も大きくなるでしょう。常に投資ではリスクが大きければリターンも大きいですが、リターンが小さいと同じように危険性も下がってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ