逆指値注文は投資をする上で大切な注文方法

株式へ投資することによって利益など色々なものを得られるだけでなく、多くの経済関連の情報に対して詳しくなっていきます。これが投資では大きな武器になるのです。その方法も多岐にわたっているので、知識をしっかりと得ることによってどのような注文を出していけばいいのか、知ることができるでしょう。

企業も儲けが出れば配当金という形で株主へ還元していくことができ、投資額も増やしていくことが可能です。ただマーケットの動きでは損失を生んでしまうことがあります。
逆指値注文というものが、投資をする上では効果的に働くときがあるでしょう。

この形式は価格が上昇している時に、指定額以上になれば買いを、反対に価格が下落をしている時に、指定額以下であれば売りを採用する方法です。指定した内容と逆の方法ということもあり、逆指値という表現を用いられています。

そして、通常行われている指値と逆指値注文を一緒にした方法もあり、逆指値付通常注文の名称で呼んでします。これを活用していくと、指値のデメリットである価格によって注文が入らないというケースを回避してくれるのです。

基本的な逆指値を活用した方法としてストップロスというものがあります。これは損失が大きくなるを防ぎたい時に採用するもので、反対の動きをした時に注文が行われ、その反面、うまく決済などをして終了させたいという時にも使われており、サラリーマンのように忙しい方でも利用しやすい方法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ