投資について逆ザヤを知っておかないと損をする

株式などを分析していくことは非常に重要ですが、様々な分析方法があるので、ベストな方法を状況に合わせて選択していかなければなりません。その分析方法の一つに移動平均線というものがあり、これは株価などの銘柄の終値をみていくものです。

この終値を一定期間つなげて、その平均値を線で引っ張っていくことで形として見ていくことができます。様々な銘柄の分析だけでなく、マーケット全体の動向を知ることができる重要な分析指標と言えるでしょう。期間によって移動平均線は分類されるのですが、日足チャートを使って弾き出していくことができます。

例えば5日や25日そして75日といった間隔で線を作っていき、マーケットの分析結果を出していくのです。移動平均線は計算していく期間が長い程緩やかになっていき、期間が短いと大きな動きとなります。逆ザヤという言葉を投資をする時に見かけることがありますが、投資の対象となっている保有銘柄の値動きを見ていきましょう。

予想以上に反対方向に動いて損失が大きくなってしまった状況となっています。マーケットでは2つの銘柄を比較していき、本来高い値段の銘柄が安くなっていたり、安いはずの銘柄が高くなっているケースが逆ザヤに該当します。

他にも先物取引で先限よりも中限の方が高くなっていたり、当限が中限よりも高くなっているのも逆ザヤで、融資をする際には貸し出す金利が調達金利を下回るような状況になっています。動向についてはしっかりとチェックしていかなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ