各銘柄の動きを見ながら逆鞘が生まれる原理を知る

どうしても株式などへ投資を行っていく時に考えないといけないのが為替です。為替というのは、2カ国間で通貨の価値を比べるものであり、アメリカのドルと日本の円を比較していくのが有名です。相場の動向や市場価値を見出していくことができるので、常にチェックしていかなければなりません。

その中で円安ドル高や円高ドル安という言葉を見かけることがあります。円高ドル安が進んでいくと価値が下がっていってしまうので、日本の商品が売れない状況が続いてしまうでしょう。そして企業の利益を大きく下げていってしまうのです。反対に円安ドル高は価値が上昇しているので、商品が売れ行き好調となっていきます。

そして企業の利益が大きくなっていき、利益を還元していくということもあるのです。株式にも大きな影響をもたらすので、動向は常にチェックしていきましょう。
値動きが予想と違う動き方をしている時には、逆鞘という表現が用いられています。

投資対象となる保有銘柄の動きを見ていき、買い付けた価格より今の価格または売却する価格が安くなってしまって、損失を抱えてしまう状態になっています。マーケットを見ていくと2つの銘柄を比較して逆鞘かどうか判断することがあり、高いはずの銘柄が安かったり、安いはずの銘柄が高い状態を指しているのです。

投資においては先行きや損失が発生しているか確認をする際に活用することができるので、逆鞘かどうか状況を常にチェックしていくことが重要となるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ