キャピタルゲインというものはどのようにして生まれるのか

株式で儲けていく方法としては、安く株式を買って、高い値段がついたところで売るというのが基本です。そのため株式へ投資を行っていく時には、様々な理由で株価が常に変動している点を理解しておかなければなりません。株価が上がっていく基本的な要因としては買い手が多い状況で人気が高い銘柄となっています。

この仕組を理解するだけでなく、その企業の業績などを理解しておくのも大切です。業績が好調な状態となっているのであれば、利益も多く生み出しているので、株価も上昇していきます。利益が出てきたところでしっかりと決済をすることによって手元に差金決済で得た現金を手に入れられるでしょう。

株式や債券など資産の価格が上昇することで利益になることを、キャピタルゲインといいます。キャピタルゲインによって課税が発生しますが、主には申告分離課税となっているので気をつけなければなりません。

申告分離課税の発生する箇所は自分で税務署に申告しなければなりませんが、近年証券会社でも対応を行ってくれるので、投資を行う際には相談をしておくといいでしょう。忙しい時に頼りになる存在です。

キャピタルゲインというのは、保有している様々な資産の価格が上昇していくことで得ることが可能ですが、値段が高くなっていくと予想して購入した株式や債券といった資産が、最初の思惑と大きくハズレてしまうことがあります。これをキャピタルロスと呼んでいるので、理解をしておくと分析結果も理解することができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ