金融商品の中でキャリー取引を活用するには

アメリカのドルや、ヨーロッパのユーロなどを預金することによって利益を得ていくのが外貨預金です。外貨預金は円で預金をするのと比べて効果的であり、利率が高くなる外貨を選択すると利回りを上げていくことができます。そのため外国為替市場の動きをしっかりと掴むことで、為替差益を作り出せるのです。

その一方で外貨MMFというのは、海外で運営している投資信託企業により、外貨によって投資信託を行えます。そして運用を進めて利益を獲得していく投資手法となっているので、聞いたことがあるという方もいるでしょう。

もしも安全性が高い金融商品を選びたいならば、債権などを活用して運用していくのが良いです。安全かつ安定性が高い外貨預金と比較をしても金利が高くなっています。そして預金と同じように換金をいつでも行えるのです。

安く金融商品を利用していき、別の金融商品の取引を行っていくことをキャリー取引といいます。様々な通貨を利用した取引が代表的で、金利が低い通貨や証券などを借用して、高金利の通貨に両替をすることによって取引を行うのです。

例えば金キャリー取引を見ていくと、金の地金を低金利で借りていき、別の高金利の商品で取引を行っていくのですが、資産の保有をキャリングと呼んでいます。近年通貨による取引が主流になっており、精算に失敗しているケースも増えてきています。不良債権を多く抱えないように、投資を進めていかなければなりません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ