売り持ち時に買いを仕掛けるショートスクイズ

ショートスクイズは、マーケットがショートポジションに向かっている際に、大きな動きによる買いを畳みかけることで、マーケット価格を高い位置に導くことを指します。

これは、ショートポジションにある状態を損切りさせようと買い上げる短い期間での取引スタイルを指し、意図的に購入するように仕向けて、売却方を締め上げるといった手法で利益を目指す方法です。本用語のスクイズは野球でよく使われる言葉ですが本来の意味は「圧搾する、締め付ける、搾る」という意味があります。

ショートスクイズは外国為替市場について、ロンドンマーケットが開く前後によく起きる傾向にあります。

かたや、東京市場では、輸出系の会社やオプションがらみのショートポジションがよくあり、そして日中の取引の中で売りポジションの直前で売却して少しでも下降したら利食いの買い戻しをする傾向があり、ときにはそれが積み上がることによって相場価格が下がらなくなることがあります。

このようなショートスクイズの状況の中で、ロンドンマーケットが参戦してくると、ロンドン市場の投資家はそうした東京市場の習性がわかっているため、東京市場のショートポジションを潰しにかかります。

そうすることで敢えて東京市場の売り注文の直前で大きく購入し、東京市場のショートポジションを崩しにかかるのです。そして、たいていの場合、ロンドン市場が優勢となり、売り注文が上に抜ける状態になると東京市場が負けた形となってショートの買い戻しに向かうこととなるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ