バリューアプローチは株式投資で重要なファクターになります

バリューアプローチは英語ではValue approachで、日本語では、バリュー投資あるいは割安株投資などと呼ばれる手法のことです。

この手法は、投資をしようとする企業の価値を多角的に分析して、利益や資産などに対して株価に割安感があるものに投資することで、投資を使用とする株価がその企業の価値と比較した場合割安だと判断して投資をすることが、バリューアプローチです。

具体的に株式の割安感を判断するには、その株式が市場平均と比べた場合に株価収益率や株価純資産倍率が低いもの、あるいは配当利回りが高いものなどが選択基準になり、その選択基準を基に見た場合、株価が市場で割安な企業、すなわち銘柄が対象になります。

バリューアプローチで注意を必要とするのは、投資をしようとする銘柄の価値の分析と将来の見通しが確かであることで、それが的確であり最終的に成功すれば、極めて大きなリターンが得られる反面で、見極めを誤ると大きな損失になることです。

今はそうではなくても将来その株式が何らかの要因や好材料で再評価されて上昇するという割安株を見極めるのは難しいことで、的確に見極めるためには単に指標だけを参考にするのではなく、その銘柄の事業内容や競争優位性などの実態を詳しく調べる分析が重要になります。

なお、割安な株式とは、本来高い株価であるべきものが比較的低い場合や、企業の業績が社会的要因のために低迷しているが、その要因が好転すれば一気に業績が回復上昇する期待感が持てるものと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ