ヘッジ売りは金融商品での損失を抑えるリスク管理で重要になります

ヘッジ売りとは、投資家が保有している株式や有価証券などの金融商品が市場で値下がりした際にそのために生じる損失を避けたり、損失を軽減したりするために行う売買のことです。

この方法は主に多額の運用資金を保有する機関投資家や証券会社が利用しますが、一般の個人投資家も株式投資などで多額の損失をこうむらないように、あるいは損失を最小限に止めるためのリスクヘッジ(リスク回避)の目的で利用します。

株式を例に見ますと、ヘッジ売りは信用取引や先物・オプション取引などで利用されることが多く、信用取引では個別の株式を空売りやつなぎ売りをする場合に便利だとされています。先物・オプションでは市場全体が下落するリスクを回避する際には便利ですし、外国為替証拠金や商品取引の場合も下降傾向での損失をヘッジするために利用されます。

特に、投資家が痛く保証金を担保として証券会社に差し入れて、購入代金などを借りて売買する、いわゆる株式の信用取引での損失を防ぐための手段として利用されることが多く見られます。つまりヘッジ売りの目的は、金融商品の売り買いでの損失を可能な限り最小限に抑えることで、その意味ではリスク管理で極めて重要な手段になります。

端的に言えば、株式を保有していて、その株価が下落傾向にあり、その下落が続くような場合、持ちこたえる意義が無いと判断したときにはできるだけ早めにその株式を手放すことが大切で、そのような場合のことを指す金融用語のことです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ