要求収益率は投資運用で将来期待できる利益のこと

要求収益率は期待収益率とも言われ、投資における運用で、将来にわたって期待できる平均的な収益のことをいい、主に率として割合で計算され求められることが多いです。資金に対しては、運用を行っていけば収益の発生が期待でき、どれぐらいそれが見込めるかを示したものと言えます。

投資対象によってはそれは一概に決まっていなく、様々ですが、その収益率と発生する確率はグラフ化すると左右対称の分布図で表わされる場合が多いでしょう。また中期や長期などの長い時間の割合を求める場合には、過去の実績をもとに調べたり、市場の予想をもとに調べるなどの方法がとられます。

投資では利益は期待できますが、貯金や国債だとその運用はローリスクになり安定しています。しかし、それが株式や社債などのハイリスクの商品になると、将来の利益は不安定になり不確実です。

このような不安定であり値動きの激しい商品に投資する場合は、プレミア価格を上乗せした利益を期待する場合が多く、そのような時は要求収益率は安定した商品に投資するよりも高くなります。

同時に、将来的な利益ばかりを追求するのではなく、不確実性などの要素で損失を出すリスクも考慮しなければなりません。

同じ収益率なら、リスクの低い投資対象の方が好ましいものと言えますが、リスクが高ければそれだけ利益率も高いとも言えます。ハイリスクハイリターンをとるかローリスクローリターンをとるかは、その投資家の戦略によって変わってくるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ