リーブ・オーダーは市場価格でない価格で注文する方法

外国為替では色々な注文方法がありますが、市場の現在価格でない価格で注文する方法がリーブ・オーダーです。具体的な方法で言えば、指値や逆指値、イフダンなどがそれにあたり、対して市場価格で直接注文する方法をマーケット・オーダーといいます。リーブ・オーダーを行うと、市場がその価格にならないと取引が始まりません。

成行注文などでは、すぐに売買が成立し取引を開始する事が出来ますが、指値などは予め決められた市場価格になるまで待つ必要がありますが、このような注文方法では、自分の希望する値段で取引をすることが出来るというメリットがあります。現在の値段以外で取引を行いたい場合には、このような方法が使われるのが一般的です。

イフダンなどの注文を使えば、買いが成立してから自動的に売りまで指定して行うことができ、市場に24時間張り付いて相場を見ることができないなどの時間がない人には、大変便利な注文方法でしょう。

ただし、リーブ・オーダーではその値段にならないと売買が成立しないので、相場が思惑通りに動かなければいつまで経っても取引が始まらないことになります。

さらに、イフダンなどでたとえば買いが成立した後に、相場が指定した指値と逆の方向に動いてしまえば、どんどん値が開き損失が大きくなってしまいます。このような場合には早めに損切りをするなどの対策を行わないと、自分の資産をどんどん失っていくことにもなってしまうでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ