利食いは買ったときよりも価格が上がったら迷わず行うこと

株式や外国為替では保有ポジションの利益が出る状態になったときに、それを決済して利益を確保することを言います。利食いをすればそれは投資家にとっては、それは利益を手に入れるということになるのです。そのためにも、ある程度の価格で利食い出来る状態になれば迷わず行わなければなりません。

ある銘柄を買ったら含み益が出て利益になっているけど、まだまだ上がるだろうから当分の間は手放さない、ということを行う人がいます。もちろん、明確に将来的な戦略や見通しがあり、いくらになれば手放すという考えがあればいいのですが、なかには推測だけでさらなら利益を求める場合があり、それは大変危険な行為です。

せっかく価格の上がって利益が出る状態になった銘柄も、いつのまにか値が下がり損失を出す状態になってしまっては、あのとき売っておけばよかったと後悔するだけです。もう少し上がったら売ろうというのはとても危険な判断であり、市場がどのように動くかは検討が付かないのです。

小さな欲を出して大きな利益を取り逃すことにもなりかねません。
またなかなか利食いできないというのも銘柄選びにミスがあり、上昇しそうにない銘柄や買うタイミングを間違えてしまっている場合もあります。

割安株を探して大きく下がったタイミングでそれを買う、これ以上下がることが無いようなものを買うなどの工夫が必要です。一番悪い状態は高値つかみというものであり、この状態だと値の上昇は止まり下落していく可能性が大変大きいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ