リクイディティリスクは流動性によるリスクのこと

リクイディティリスクは投資において、市場で取引量が極端に少ない流動性によって、希望通りの価格で債券や株式を売れない、売ろうと思ってもすぐに売れないといったリスクがあることです。このリスクは大きく分けて、流動性の少ない銘柄などの場合と、市場の異常事態による取引量の低下という2つに分けられます。

具体的に言えば、市場での取引量自体がそもそも少ないときや市場に出回る絶対量が少ない場合と、その国での戦争や政治問題などによって取引がスムーズに出来ないことが原因の場合や、その銘柄の発行元の企業の経営状態が悪化して、売りが殺到して売ろうと思っても売れなくなる場合、このような事態が想定されます。

また債券では、国債など有名な債券以外は全体として流動性が低いので、同じようなリスクを背負うことになり、償還期間前に売ろうとしても売れないということも起こるでしょう。
また、債券などの投資商品以外にも金融機関でも同じリクイディティリスクというものが存在します。

こちらは、予期せぬ資金の流出、運用期間などのミスマッチ、このような事態によって決済のための資金が調達できなかったり、高い金利での資金調達をしなければならないといった事態を意味します。

個人レベルの投資銘柄のリスクと違い、金融機関の場合には、このようなリスクが発生すればすぐに経営危機に陥る可能性が高いので、厳格にガイドラインなどで指標などの設定がされて危機に備えているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ