証券会社では標準で為替リスクヘッジがされている

証券会社を利用して、FX取引が開始できるようになっているのですが、証券会社を利用しないで個人でFXと言った相場を利用した取引についても行う事が可能です。しかし、プロとして活躍しているトレーダーも、そうでないトレーダーについても、ほとんどの人が証券会社を利用しています。

その理由は証券会社では標準で為替リスクヘッジがされているためで、多くの人は信用を寄せて証券会社を利用しているのです。

為替リスクヘッジとは、本来であれば1つだけしか立てない取引において、リスクを緩和するために別の通貨でも取引をすることを言い、このようにして取引をすると、大きくはもうかりませんが、その代わりにリスクについても緩和できたりします。

また、リスクの緩和についてですが、次のような方法があるので、必ずしも相場の動きを元にして、別の通貨を選択するという訳ではありません。
まず、為替リスクヘッジにおいては、通貨の購入量で調整がかかるケースもあります。例えば、A通貨ペアを1万購入として、B通貨ペアを5千だけ購入する方法です。

A通貨ペアについてはもうけが小さいのですが損失は出づらいとします。そして、B通貨ペアについては損失もありますが、それ以上に利益が出やすいとされているペアとなっているのです。このような方法でもリスク回避は行えますし、今では自動注文のような方法で業者であれば、連続で取引をしてくれるような業者も存在しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ