出金は当座貸越なら預金以上で利用できるようになっている

証券取引などをされている場合、通常より取引金額が大きくなるケースも存在します。例えば、取引金額の計算を誤ったケースや、もしくは新しく別の金融商品を利用するケースがそうです。

ですが、このような場合では入金金額が不足していると対応は不可能となります。
これでは、折角の取引チャンスを逃してしまうので、今では口座を使う際には当座貸越でも対応がきくようになっています。

銀行の口座ではオートチャージサービスとされているものに近いのですが、当座貸越で対応していると基本的に不足した金額については不足分を補填してくれるようになっているサービスです。

また、このサービスについてはサービス登録しないでも対応できるケースと、登録しないといけないケースの2つがあります。
今では、登録者も多い機能となっているので、サービスの1つとして案内されてくるケースは多いです。

また、どのような仕組みで当座貸越が必要と判断するのかについては、預金残高を超えて一定の限度内で使われたかどうかで判断がされるようになっています。つまり、過大な金額で取引をされている場合にはサービス利用が出来ないのです。

利用において設定者の方で自由に限度額を引き上げるという利用も出来ません。また、利用する為の条件として、銀行総合口座を開設している個人や法人が利用できるサービスというふうにもなっていますので、どの銀行口座でも利用出来るようになっている訳でもありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ