代表的な国内の株価の指数が日経平均株価指数

日本の株全体の指数についてはTOPIXで明らかにされているのですが、有名な証券のみで平均株価指数を記しているものは、日経平均株価指数となっています。

今では、略されて日経平均株価とされておりますが、正式な名称は前述したものであり、どうして2つの数値が存在しているのかというと、一般的な相場の変動についてはTOPIXの方が参考にされやすいからです。

その理由ですが、日本の株価の平均で表されているので、どうしても動向についてのチェックでは、日経平均株価よりも利便性が高いのです。また、同じように日経平均株価でも全銘柄で指数化することはできます。しかし、全体では1,700銘柄もあるので、今では現実的な数として225銘柄が対象となり、計算が行われるようになっています。

こちらは新聞やネット上の表記では日経225となっていますが、日経平均株価の指数である点は同じです。
また、現代では業者ごとでチャートが企業ごとで存在している場合もありますが、そのチャートはダウ式により算出されたものを参考としています。

更新については、企業ごとで行われているのですが、基本的には15秒毎と高速で算出を行うので、毎時でチャートが存在するのです。また、TOPIXと並んで普及している特徴もありますが、基本的に同列において比較されることが少ないでしょう。その理由については、前述の通りで、全体と一部についての数値で違いが発生する為です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ