長野銀行は地方銀行であり、通称ながぎんと言われる

長野銀行は通称長銀と呼ばれています。同行が自ら通称を使用する場合はひらがな表記で使用する場合が多いです。1950年に設立され、取引先は大手企業ではなく、個人や中小企業が中心で、長野県外では東京都の千代田区にのみ東京支店が開設されています。

企業のシンボルマークは企業名のローマ字表記の頭文字Nをモチーフにしており、楕円が地方と銀行と人の融合を意味しています。
普通貯金以外にもネットバンクサービスを提供しており、ローン関しては住宅ローンからマイカーやフリーローンなど多種多様な商品を展開しております。

カードローンのリベロという商品も存在し、個人向けの融資商品となっており、SMBCコンシューマーファイナンスが保証会社の母体となり、事業資金以外の使い道なら融資を受けることが可能となっています。借入れ限度額は最高で500万円であり、利率は年5.5%と他の貸金業者と比べても比較的低い利率で借りることができるでしょう。

同行は、長野県商工信用組合として発足し、その歴史は50年以上もあり、比較的歴史の長い企業と言えます。貯金残高は1兆円を突破しており、東京を除けば県内にしかない銀行としては規模の大きいところです。

ながぎん松本センタービルという自社ビルも完成しており、ここには株式会社ながぎんリースなどの関連会社も入っています。このようなことからも、長野銀行はこれからもますます長野県と密接に関わり、重要な企業として発展していくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ