清水銀行は中部銀行の経営を引き継いだ銀行

清水銀行は1923年に現在の銀行の元となる会社ができ、後に現在の社名に変更されました。

静岡県静岡市に本社をがあり、店舗としては静岡県内に支店が存在し、東京都とに1店舗、愛知県に2店舗支店があり、県内の店舗の営業スタイルはブロック制度を導入しており、中心となるエリア店の下にブロック店とエコー店とフィット店というトップダウン形式です。

普通貯金口座以外にネットバンキングも開設しており、しみずダイレクトという名前で提供されており、個人用と法人用の口座があります。パソコン以外にもスマートフォンや携帯電話でもアクセス可能であり、各種料金払込みサービスのPay-easyにも対応しています。

また外貨を送金できるサービスのしみず外貨webサービスというのもあり、米ドルなど14通貨に対応していて、パソコン端末から簡単に外貨の送金が可能です。
取扱商品としては、総合口座や普通口座や定期貯金口座などがあり、投資関係では投資信託に、公共債に個人年金などを取り扱っています。

さらに、住宅ローンやオートローンなどのローン関係の商品も充実しているでしょう。
清水銀行は地域との接触も活発であり、地域の催し物や骨髄バンクの広報活動、スポーツ大会への協賛、清掃活動への参加や地域の祭りへの参加など、地域に密着した企業として活動を行っています。

また各店舗内には絵画などの小規模なギャラリーも展示されており、各地域に根付いた店舗づくりを目指しているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ