株価連動型預金は、日経平均株価の変動次第で金利が変わる仕組みの預金です

普通に銀行など金融機関にお金を預けるのは、普通か定期ですが、このほかに株価連動型と金があります。このタイプの特徴は、金利が日経平均株価等の株価指標によって変動することで、リスクもありますがメリットもあり、かなりの人気を呼んでいるようです。

その仕組みは簡単で、すなわち日経平均やTOPIX等の株価指数の先物取引を利用した投資信託と言えます。
これには、ブル型とベア型があり、ブル型とは、雄牛のブルから来た用語で、つまりは株価指数の値上がりを期待しての投資信託のことです。

一方でベア型とは、株価指数の値下がりを期待することで、ベアは熊の意味です。ブル型もベア型も言わば投資信託のジャンルに入りますから、厳密な意味から言えば預金ではないのですが、お金を銀行などに預けるという点ではやはり同じことす。

お金を預けるのには普通と定期しかないと考えている人には馴染みが薄いのですが、株式投資をしている人ならば株価連動型預金は身近な方法だと言えます。

なお、ブル型にはコールオプション、ベア型にはプットオプションが組み込まれているので、どちらもオプション取引です。オプション取引とは先物取引のことで、将来を予測しての取引のことです。

ちなみに、証券会社連動型というタイプもあり、これは自動スイープなどとも呼ばれ、銀行に預けてあるお金を証券会社の投資資金としても使うことができる連動型で、最近では一部のネット銀行とネット証券での間で利用され、比較的高い利息がつくという評判があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ