譲渡性預金は他人に譲渡することができる無記名の定期預金証書です

譲渡性預金は譲渡性預金証書のことで、金額や期間、金利や所持者には制約がないので第三者に制限なく渡すことができる無記名の定期預金証書です。なお、英語ではCertificate Deposit (CD)と呼ばれます。

通常の定期預金は記名式なので他人に譲ることはできませんが、この証書は持ち主がいつでも金融市場で自由に売却することができ、金利はその時の市場金利が適用されます。

この仕組みは1961年(昭和36年)Niアメリカのシティバンクが取り扱いを開始したのがはじまりで、その後このマーケットはアメリカで急速に拡大し、のちにユーロ圏の市場でも取り扱われています。

日本では1978年(昭和53年)に金融制度調査会が導入を決め、1979年(昭和54年)5月から都市銀行などが取り扱いをはじめています。ただし、市場が未整備であったため、本格的に増え始めたのはその数年後からです。

また、開始時には一口の最低発行単位は5億円以上、預入期間は3ヵ月以上6ヵ月未満とされていましたが、現在では発行単位や預入期間の制限は無くなっています。ちなみに英語ではCertificate of Deposit(CD)と呼ばれるためにキャッシュディスペンサーのCDとの混同を避けるために頭にNegotiableのNをつけてNCDと呼ばれます。

このように譲渡性預金は債権と並ぶ短期金融市場での代表的な金融商品に成長していて、中でもCD3ヵ月物は短期金利の重要な指標になっています。なお市場での流通方式には買切り・売切りである無条件売買方式と、一定期間後に一定の価格での反対売買を条件にする、現先方式があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ