信用創造とは銀行の貸出で通貨の供給量が増加するマジックのような機能のことです

信用創造は英語でMoney creationと言い、まさにお金を創造することで、銀行の貸出で通貨の供給量が増える、あるいは信用貨幣が計算上では増加する機能を指します。言い換えると、銀行が預金と貸出を連続して繰り返すことで、預金の額が増えると言う仕組みのことです。

このマジックのような仕組みを説明しますと、銀行は不特定多数の顧客から資金を預かり、預金者がいつでもそれを引き出せるように現金をストックしています。それをすぐに引き出す顧客もいれば、長期間そのままの人もいて、預けた人の全員がその全額を引き出すということはまず無いと考えられます。

ですから銀行は預かった資金の全部を現金で保管しているわけではありません。
そのようなことから、全額を払い戻せるように用意しないで、一定部分のお金を貸付にまわしています。トータルな観点から見ると、貸付を受けた企業はそれを支払いに回し、支払を受けた側はそれがすぐに必要でなければ銀行に預けます。

その預かったお金から所定の金額を差し引いた残りのお金はまた別の企業への貸付に回されることになります。これが預金と貸付の繰り返しの連鎖になり、そこに預金通貨が創造されるのです。

そして、銀行全体で見ればその残高は着実に増加しますが、これが預金創造、あるいは信用創造と呼ばれます。一人ひとりの預金額や貸付額は少なくても多数がまとまり、多数の人がお金を預け、多くの企業が貸付を受けると、その総額は巨大なものになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ