スーパーリージョナルバンクは特定の地域に強い銀行

スーパーリージョナルバンクは特定の地域で強い基盤を確立しており、複合や統合することによって、県や州を越える経済圏で総合的な金融サービスを提供している銀行のことです。特定の地域で特化しているリージョナルバンクよりもさらに規模は大きくなります。

たとえば、アメリカだと複数の州で営業を行い、資産規模がトップクラスの大手の地方銀行の事を言い、地域密着型で多店舗展開を行うことで、大手の銀行並の高収益と高成長を続けているのです。1980年代にアメリカで金融に関する法律が改正され、営業に関しても緩和されたので、これによって規制緩和でこのような銀行が登場するようになりました。

また、小規模なリージョナルバンクを合併買収することで、規模の拡大も図っています。地域密着型での活動を行っているので、地域経済の活性化にも繋がり、経済の衰退した地方を後押しするという利点もあります。

日本でも同じようにスーパーリージョナルバンクの構想はありますが、これはまだ詳細を検討している段階であり、具体的な内容ははっきりとしておりません。

しかし、これが現在の地方金融を統合するということならば、それはただ単に地銀の再編成ということにしかならず、これによっては地域での貸し渋りが行われ地域経済を後押しするどころか、衰退させる結果にもなりかねないでしょう。

しかし、エリアの異なる地銀同士での統合を行うことは支店を統廃合したり、人事を統一して人件費を少なくしたりとコスト削減の効果は見込めます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ