生体認証ICキャッシュカードは生体認証機能付きキャッシュカード

銀行で口座を開設すればキャッシュカードが付与され、それを使ってお金を下ろしたり入金したりする事ができます。しかし、最近ではスキミングや盗難などの被害にあう事例も頻発しており、お金を盗まれる被害が多発しています。

そこで登場したのが生体認証ICキャッシュカードであり、これはカードにICチップが埋め込まれており、指の静動脈で本人確認を行うことができ、カードの盗難や偽造を防ぐことができるのです。利用するには、通常のキャッシュカード申し込みと同じように申し込めば作成できます。

利用時はこれをATMに入れた後に、ATMに付属の生体認証装置にまっすぐと指を置いて本人確認を行ってください。指は手袋などをしていては認証できず、指先に包帯や絆創膏を貼っていても正しく認識できません。また、この装置の上にハンカチなどを置かないでください。認証が完了すれば認証成功と表示され、本人が使用していると判断されます。

指の静動脈は一人一人異なったものであり、指紋と同じように個人を判断するのに使用できるのです。そのために、このような生体認証ICキャッシュカードなら本人以外の人間が使用しようとしても、認証時に弾かれて不正使用することができないようになっており、高いセキュリティを確立しておりパスワードなどと一緒に併用することでさらに安全性を高められるでしょう。

このため、最近では大手の銀行ならどこでもこのような機能の付いたカードを導入するようになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ