総合口座は普通預金と定期預金がセットになった口座

銀行で口座を開設するなら、普通や定期や当座などがありますが、個人で何も指定せずに開設手続きを行えば、通常は総合口座というのを利用することになります。これは普通預金と定期預金がセットになっているものであり、ここに定期預金を預けた場合、その9割までの金額の融資を自動的に受けられるというシステムです。

銀行によっては、その他の機能も付与されている場合もあります。
この機能を利用すれば、この口座から公共料金などの自動引き落としとして設定しておくと、残高不足で引き落とせないという事態を回避できるのです。

これは定期預金口座のみを開設した場合には付いていない機能で、また当座貸越も発生しますので、その分の貸越の利息を求められることはあります。その他の機能は、普通預金口座と変わらないですが、ただし総合口座だからと言って、全ての機能を利用しなければいけないということはなく、一部だけを利用しても構いません。

また、この貸越の機能が使えるので、残高不足となっても自動的に貸越が可能であり、急な出費や短い期間の残高不足などが発生した場合には、便利な機能でしょう。この時には明細状は借入明細という項目になり、ここの金額が定期預金を担保にして借入れを行っているということになるのです。

これは借入と同じ事になりますので、借りている期間中は利息が発生することになり、金利は高く設定されていることが多く、長い期間借りるのであれば、それだけ支払う利息も多くなってしまいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ