ブリッジバンクは承継銀行とも呼ばれ、合併や清算などで金融機関の業務の受け皿になる銀行のことです

ブリッジバンクは、ブリッジ(bridge)の言葉を直訳すると橋ですが、日本の金融用語では承継銀行と呼ばれ、破綻した金融機関のすべての業務を、預金者などの不利益や混乱を避けるため一時的に受け継ぐ金融機関で、受け皿銀行とも呼ばれます。

預金保険法第91条では、破綻した金融機関に対して定められた期間内にこのような受け皿を引き受ける金融機関が見つからない時には、連鎖的な倒産などを防ぐために公的な受け皿の金融機関を設立するのです。これがブリッジバンクで、預金保険機構が全額出資を行います。

この特殊銀行は金融再生法第27条により2001年(平成13年)3月までの期限付き措置としてこの制度が導入されましたが、預金保険法改正で恒久的に立法化されています。承継銀行は預金保険機構の子会社ですが、法律では普通の銀行としての位置づけであり、したがってそれまでの取引はそのままで、不良債権以外は債権も引き継がれます。

したがって一般の預金も保護されるのです。
ただし、あくまでも一時的な緊急避難の性格であるため原則は2年間、最大で3年間に限られていて、その間に最終的に業務を引き継ぐ先が見つからないと、清算されることになっています。

今までのケースでは最終的に業務を引き継ぐ先が見つからなかった例はありませんが、今までに設立されたブリッジバンクには、日本承継銀行と第二日本承継銀行があります。なお2012年(平成24年)の預金保険法改正では、整理回収機構にこの業務をおこなう機能が追加されました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ