法定準備預金額は銀行が日銀に預けることを義務付けられているお金のことです

法定準備預金額は英語ではlegal required reservesと言い、その内容は民間の銀行や一定以上の規模を有する信用金庫などが、一定の金額を一定期間、無利子で日銀に預ける義務があるお金の額です。このような金融機関はこの分のお金を差し引いた残りの資金で貸付や有価証券への投資を行うことで利益を得る仕組みになっています。

その額は銀行などの規模により異なりますが、金融機関としては無利子で日銀に預けるのですから、その金額が少ないほうが望ましく、したがって法律で規定されたぎりぎりの金額を日銀に預入ることになります。この預金制度は1957年(昭和32年)に施行された、準備預金制度に関する法律で、その後、2005年(平成17年)に改正されました。

この制度は金融政策のひとつであり、日銀が法定準備預金額を引き上げると、その分だけ民間の金融機関が持つ資産が少なくなります。

したがって、本来利益をあげるメインである融資や投資に回せるお金が減るので、いわゆる貸し渋りの減少が起きる恐れがあるのです。その一方でこの金額が引き下げられると、銀行のお金がだぶつくことになり、貸出などの金利が低下します。

このように、法定準備預金額の多い少ないは微妙に社会に影響を及ぼすことになつるでしょう。ちなみに金融で日銀の操作という場合、この預金金額を引き上げたり引き下げたりすることを指し、この操作により金融機関の預金や貸付金利が上がったり下がったりします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ