本源的預金とは利用者からお金を銀行などが受け入れる最初の預金のことです

本源的預金は英語ではprimary deposit、すなわち第一次の預金ということで、利用者が銀行などの金融機関の普通口座や当座口座に預けるお金のことです。それがさまざまな用途に分散されて社会経済の歯車が回転します。なお、これは直接預金とも言われますが、それでは間接があるかと言うと、そのような対語はありません。

銀行などの金融機関はお金を扱うのが主たる業務ですから、お金を預ける人がいないと存在価値がないばかりでなく、実質的な業務を行うことはできません。したがって、銀行が信用創造という手段でそれを運用し、利益を得るためには最初にお金ありきですので、本源的預金はすべての業務に不可欠です。

最初に銀行が受け入れた資金を運用することで、派生あるいは派生的預金が生み出されます。すなわち、銀行は預かったお金から一定の金額を日銀に預けて、残った資金を企業などに貸付けてその分の利息を得ることで成り立っています。

そのため、最初にお金がないと金融機関としての機能を果たすことができないので、さかんに預金を奨励するのです。資金を企業などに貸し付けることを融資とも言いますが、融資を受けた企業などがそれで得たお金を銀行に預けます。

銀行はその資金をふたたび企業に貸し付けるのです。この連鎖的な行為が信用創造のプロセスと呼ばれます。ただし倍々ゲームではなく、その中間に法定準備金制度があるので、本源的預金の活用にはある一定の限度があるとされています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ