無担保無保証でお金を借りる場合の融資金額

お金を金融機関などから借りようと思う場合は、当然のことながら通常であれば保証人や担保を用意しなければいけないときがほとんどです。

これはお金を貸す側の立場として考えれば、仮に融資を受けた人が借りたお金を返せなくなっても、連帯保証人から取立てることや、担保を借金の代わりにするなど、万が一の時のための取りこぼし防止のためと言えます。

しかし、国の融資制度であったりすると無担保無保証で借りることができたりするのです。また最近ではカードローンも同じようになってきています。このような融資では連帯保証人を探してなってもらう必要もなく、担保も用意する必要もありません。

そのために誰でも気軽に借入れの申し込みをすることが可能となっています。ただし国の融資制度だと、審査が厳しくなってきているので、最終的にどちらかを用意してくれと言われることもあります。

カードローンに関しては、融資限度額というのが設定されており、借りられるお金の上限額が決められているので、好きなだけお金を借りるというわけにはいきません。また消費者金融系だと、総量規制の制度ができたために、年収の3分の1までしか貸せないというように定められています。

カードローンではなぜこのように無担保無保証で貸せるのかというと、これらの代わりに保証会社がその役割を担っているためです。そのために借入れ希望者は無担保無保証で済みますが、借りたお金を返せなくなれば、借金をかかえることになり、ここから直接返済の催促が来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ