遺言執行業務は相続業務などを引き受けることになる

遺言者が亡くなくなり、財産などの相続が発生する場合には、相続を開始していきますが、なにも遺言書に沿ってむやみやたらと行うわけにはいかず、ここは手続きなどを法律に従って行わなければなりません。そのために執行業務が発生し、執行者がそれらの遺言の通知などを引き受けるのです。

遺言執行者に指定されると、相続が始まると引き受けるのかどうか自分で決めることができ、もちろん断るのも可能ですが、引き受けるという返事をすると、遺言執行者に就任したのを受遺者に通知、相続人のために財産目録を作成、子供の認知が必要な場合には役所に届ける、相続人の取り消しなどがある場合は家庭裁判所で手続きを行う、財産の名義変更を行う、などの業務が発生し、多大な負担が自身にかかることになります。

相続手続きでは遺産の分配などをめぐり、対象者と話し合いを行うこともありますが、紛争になりトラブルになることも多く、また各対象者が遺産の減殺を請求したりするケースもあるでしょう。このようなことがあるので、きちんと書面に全てのことを記録して遺産配分などはどうするのかを明確にしなければ、トラブルの元です。

遺言執行者は、人によっては、精神的肉体的負担になる時も考えられ、場合によっては専門的知識も必要とされることもあります。また、遺言執行する立場にある人が相続人である場合は、公平性を欠く判断をしかねませんので、それだけでトラブルの元にもなるので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ