郵政マネーは郵便貯金に預けられた国民の貯蓄金のこと

郵政マネーはゆうちょ銀行に預けられた国民の貯蓄金と、かんぽ生命の保険で納められている保険料の総額のことを示します。その総額は300兆円ほどと言われており、ゆうちょ銀行への預け入れ限度額が2000万円に引き上げられましたので、これにより貯蓄金が増えていきました。

ゆうちょ銀行は民営化されたとはいえ、政府からの出資がありましたので安定感があり人気のある貯金預け先ともなっており、またペイオフで個人の貯蓄金も1000万円までは守られています。日本のメガバンクの貯蓄金総額が10兆円規模なので、いかにゆうちょ銀行が莫大な金額を預かっているかがわかります。

この貯蓄金はただ銀行で預かって眠らせておくわけではなく、運用して利益を確保していくことになります。その運用先として一番多いのが国債であり、国債は信頼性も安全性も高くローリスクであるために、このようになっており、他の投資商品への投資比率は安全性の問題から低くなっています。

郵政マネーは国民が貯金をしてこそお金が集まるものであり、今までの日本では資産運用と言えば貯金によってそのわずかな利息を得るというのが主流でした。

しかしながら株や債権や外国為替など、少しずつそれらにも日本人個人の資産が流れており、将来的には郵政マネーも減っていくかもしれません。ただし急激にその総額が変化することは難しく、まずは個人資産はリスクの少ない債権などに移っていくものではないかと思われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ