預金は利息の付くものであれば、元本が一定額保証される

預金の種類には定期、普通、当座といったいろいろな種類のものがあります。最近ではネットバンキングというものも登場してきており、すべてインターネット上で口座開設の手続きも済ませられる場合もあり、大変便利な口座となっています。

また外貨で預ける口座もあり、こちらはその利息が大変高く設定されており、為替リスクを除けば、資産を増やすには有効的と言えるでしょう。
しかしながら、銀行といえども、その経営が悪化して財務状況が悪くなれば破綻することも考えられ、実際過去に破綻したところもあります。

そうなると銀行に預けていた貯金者のお金も無くなってしまうように思えます。しかしながら銀行が多額の負債を抱えることも多くなっているので、一定の範囲で口座のお金は保護される制度ができました。

対象としては、利息のつく口座のお金に限り、外貨貯金の場合にはその保護対象にはなりません。また、当座の場合は全額が、定期や普通の場合には元本1000万円までが保護されるようになっています。元本1000万円を超える金額に対しては、金融機関の破綻状況によって、支払われる場合もあります。

金融機関が破綻した場合の保護の仕組みとしては、直接保険金を支払う形で口座のお金の保護を行うときと、他の財務状況の健全な金融機関が営業を受け継ぎ、保護のための必要なコストを、救済する機関などが援助する形で口座のお金の保護を行うときの2通りあります。このためにすぐに元金が戻ってこないときもあり、時間が掛かるおそれもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ