リージョナルバンクは地域密着型の貸付け業務などを行う銀行

リージョナルバンクは一定の地域において、預金業務や貸付けなどに特化して行う銀行のことであり、日本でいえば、信用銀行や地方銀行などがこれにあたります。地域密着型であり、その地域の企業などの細かいサービスを提供する事ができ、規模は小さくても採算性の高い業務を行うことで経営を円滑にしているのです。

地方銀行はその都道府県に本店を置いて、地方を中心に営業を行い、地方のニーズに応えています。その地方の指定金融機関になっていることも多く、地方の活性化に貢献しておりますが、それ故に他の金融機関との競争も激しくなり、特に人口の多い都市などになるとそれが顕著になり、それぞれの銀行は特色を生かした経営を行い差別化を図っているのです。

リージョナルバンクには、個人向けの金融サービスを行っており、預金や振込などの通常の業務に加えて、ローンや投資信託や保険などの商品の販売にも力を入れているところが多いです。

また、法人に向けては、お金を貸し付けるだけでなく、経営支援やそれに対するアドバイスを行うことにより、距離を近づけてさまざまな付加サービスを提供するようにも努めているのです。

常に個人でも法人でも顧客のことを第一に考えて営業を行い、その距離を縮めて密着性のある経営を行うことで、その地域に支援されるような銀行になり、それによって幅広い支援の元で成長をしていくような企業になっています。だからこそ営業規模が小さくても経営を行うことができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ