リミテッドリコースでは返済が滞っても保証人などに弁済を求められない

リミテッドリコースとは、償還請求する対象が限定された融資のことを指し、通常は借り手が返済できなくなれば、その連帯保証人などに弁済を求めることになりますが、この場合ではそれができず、貸付け対象者のみから返済を求めていきます。

このために融資する側は対象者の信用度などを慎重に吟味してリスクがあるかどうかを正確に把握した後で融資可能かを決定する必要があるのです。
このような融資はノンリコースローンとも言われる場合があり、リコースつまりは弁済を頼りにする人のいない融資ということが言えます。

例えば日本だと住宅ローンでは、債務者が返済できなくなれば、住宅を担保としても借金が残れば、残りの債務の返済義務はあります。しかしノンリコースローンになると、担保の住宅のみが対象となり、これを売り払っても借金が残ったとした場合には、債務者にはこれを超えた返済責任はないのです。

債務者にとっては担保以上に返済の責任を負う必要はないというメリットはありますが、銀行側はリスクを背負うことになり、担保を強化したり、信用付けを裏付ける場合にのみ貸し出すなど、銀行側としてもリスクを最大限に少なくしようとします。

また、このような融資を利用しようとするときには、借り主のリスクが少ないので、そのプレミア分の金利が上乗せされて貸出しが行われ、通常よりも返す金額は多くなるのが普通です。一般的には不動産に対する融資で利用される場合が多いですが、安定した返済が期待できる分野での利用もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:銀行

このページの先頭へ